鰯の頭(読み)いわしのあたま

精選版 日本国語大辞典「鰯の頭」の解説

いわし【鰯】 の 頭(あたま・かしら)

節分行事の一つ。節分の夜、鬼を退散させるためにの頭を(ひいらぎ)にさして門や、窓にさしたまじない
※俳諧・山の井(1648)冬「節分は都の町のならはしに、〈略〉外面にはいはしのかしらとひらぎのえだを鬼の目つきとてさし出し」
※雑俳・玉の光(1844‐45)二「鰯のあたまで・毎月割さいふをかたげ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android