高田 敏子(読み)タカダ トシコ

20世紀日本人名事典「高田 敏子」の解説

高田 敏子
タカダ トシコ

昭和期の詩人 生活と詩をつなぐ野火の会主宰



生年
大正3(1914)年9月16日

没年
平成1(1989)年5月28日

出生地
東京・日本橋

旧姓(旧名)
塩田 敏子

学歴〔年〕
跡見高女〔昭和8年〕卒

主な受賞名〔年〕
武内俊子賞(第1回)〔昭和37年〕「月曜日の詩集」,芸術祭賞奨励賞(第1回)〔昭和38年〕,室生犀星賞(第7回)〔昭和42年〕「藤」,現代詩女流賞(第10回)〔昭和61年〕「夢の手」,ダイヤモンドレディー賞(第3回)

経歴
戦後ハルピンより引揚げ、長田恒雄の「コットン・クラブ」、日本未来派同人を経て、第一詩集「雪花石膏」を刊行。昭和35年から朝日新聞家庭欄に詩を掲載、好評を博し、“お母さん詩人”“主婦詩人”と呼ばれる。41年一般読者の支持で、詩雑誌「野火」創刊、主宰。「山の樹」同人。37年「月曜日の詩集」で武内俊子賞、42年「藤」で室生犀星賞受賞。他に「人体聖堂」「むらさきの花」「夢の手」など著書多数。平成元年「高田敏子全詩集」(花神社)を刊行。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「高田 敏子」の解説

高田 敏子 (たかだ としこ)

生年月日:1914年9月16日
昭和時代の詩人。生活と詩をつなぐ野火の会主宰;「野火」主宰
1989年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android