馬子(読み)まご

日本大百科全書(ニッポニカ)「馬子」の解説

馬子
まご

駄馬伝馬(てんま)を引いて荷物や人を運ぶ職業の者。律令(りつりょう)制によりできた駅制の駅馬の馬子は、賦役に徴用された公民であったが、しだいに馬借(ばしゃく)とよばれる馬子が現れ、商品流通の発達した室町時代の主要街道で完全に職業化した。江戸時代になると、馬子は馬追い、馬方(うまかた)、馬曳(うまひ)きなどともよばれ、数も仕事も増えたが、旅人を恐喝し金品を巻き上げるなどの事件も増えた。なお、馬子が道中に歌った馬子唄(まごうた)には、いまも残るよい唄がある。

[深作光貞]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「馬子」の解説

馬子
まご

荷物や人を運ぶ馬の口をとることを職業とする者。古く駅伝制度のもとでは農民が夫役 (ぶやく) で駅馬の馬子をつとめたが,鎌倉時代以降次第に専業の交通労働者としての馬子が現れ,馬借 (ばしゃく) といわれて,年貢や商品の運搬にあたった。江戸時代には,伝馬助郷などの課役をはじめ,乗用馬の口をとる馬方が多かった。馬子の労働歌が馬子歌である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「馬子」の解説

ま‐ご【馬子】

〘名〙 駄馬を引いて人や荷物を運ぶのを業とする人。馬方。
※続日本紀‐天平宝字三年(759)九月己丑「所郡司、軍毅、鎮兵、馬子、合八千一百八十人」

うま‐こ【馬子】

〘名〙 うまかた。まご。
※狂言記・見物左衛門(1700)「何といふ、馬子(ムマコ)(たち)、ぐそくがかけるといふか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「馬子」の解説

ま‐ご【馬子】

馬をひいて人や荷物を運ぶことを職業とした人。うまかた。うまおい。
[類語]御者別当馬丁馬方口取り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「馬子」の解説

まご【馬子】

馬を使って人や物資を運ぶことを業とするもの。馬追い,馬方などとも言う。馬背によるもので,馬車を扱うものは〈御者〉と呼んで区別する。古代・中世においては馬子を専業とするものはまれで,農民が行うことがほとんどであった。専業者の活動が盛んになるのは中世後期で,近江や大和などの馬借(ばしやく)と呼ばれるものである。近世に入っても,江戸幕府が車両の使用を禁止したため馬車は使用されず,専門の馬背輸送業者が各地に出現した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

普及版 字通「馬子」の解説

【馬子】まし

便器。おまる。〔雲麓漫鈔、四〕李廣~臥虎を見て之れを射、~を鑄て其の形に象り、溲(しうき)と爲して之れを厭辱(えふじよく)することを示す。故に人、溷(こんき)を目(なづ)けて子と爲す。~、虎をみ改めて馬と爲す。今人の廁馬子(しばし)と云ふれなり。

字通「馬」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android