養育(読み)やしないそだてる

精選版 日本国語大辞典 「養育」の意味・読み・例文・類語

やしない‐そだ・てる やしなひ‥【養育】

〘他タ下一〙 やしなひそだ・つ 〘他タ下二〙 養って成長させる。世話をして大きくする。養育する。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「ジネンニ シャウズル トコロノ サウモクハ yaxinai(ヤシナイ) sodatçuru(ソダツル) コトガ ナケレドモ」

よう‐いく ヤウ‥【養育】

〘名〙 養い育てること。はぐくむこと。
※中右記‐永久二年(1114)四月二〇日「又於服者、雖祖母、我従誕生昔、及成人今、偏被養育申了」
※太平記(14C後)一八「主の孤三つになるを我子なりと云て、朝夕是を養育(ヤウイク)しける」 〔史記‐始皇本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「養育」の意味・読み・例文・類語

よう‐いく〔ヤウ‐〕【養育】

[名](スル)養い育てること。「子供を引き取って養育する」「養育費」
[類語]育児子育て保育愛育訓育守り育てる養う育む培う育て上げる食わせる手塩に掛ける扶養養護

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「養育」の読み・字形・画数・意味

【養育】よう(やう)いく

やしない育てる。〔漢書、宣帝紀〕(元康二年)夏五、詔して曰く、獄なる民の命、暴を禁じを止め、群生する以なり。能く生をして怨みず、死をして恨みざらしめば、則ちと謂ふべし。今は則ち然らず。

字通「養」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の養育の言及

【養子】より

…(4)後見人が被後見人を養子とする場合,自己または配偶者の直系卑属以外の未成年者を養子とする場合は,家庭裁判所の許可を必要とする(794,798条)。未成年者の養子許可の基準について規定はないが,縁組の動機や目的,養親の監護養育能力,養親子間の和合可能性などいっさいの具体的事情を考慮して,縁組が養子となる未成年者の福祉に反しないかどうかが審理される。申立却下の事例には,家名承継のためのみの縁組,越境入学のための戸籍上だけの縁組,もっぱら養親の老後の世話だけを目的とする縁組,その他未成年者の監護養育を伴わない縁組などがある。…

※「養育」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android