颯田 琴次(読み)サッタ コトジ

20世紀日本人名事典「颯田 琴次」の解説

颯田 琴次
サッタ コトジ

昭和期の音声学者,耳鼻咽喉科医学者 元・東京大学教授;元・東京芸術大学教授;元・国立聴力言語センター所長。



生年
明治19(1886)年7月24日

没年
昭和50(1975)年10月2日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京大学医学部・薬学部卒,東京音楽学校卒

学位〔年〕
医学博士〔昭和6年〕

経歴
大正9年東大耳鼻咽喉科教室および生理学教室で研究、昭和6年「音響刺激に因る耳殻反射運動」で学位を得た。20年東大付属医院分院耳鼻咽喉科医長、18年東大教授、19年同大学付属医専部長。27年東京芸術大学音楽部教授に転じ音声学を担当。34年国立聴力言語障害者更生指導所所長。44年日本青少年文化センター会長。この間、国語審議会委員、NHK交響楽団顧問、NHK評議員、NHK放送文化賞審査委員、文部省推薦映画の選定委員、国立劇場評議員、日本耳鼻咽喉学会理事長を歴任した。著書に「かたい声、やわらかい声」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「颯田 琴次」の解説

颯田 琴次 (さった ことじ)

生年月日:1886年7月24日
昭和時代の音声学者;医師。耳鼻咽喉科;東京大学教授;東京芸術大学教授
1975年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android