青柿 善一郎(読み)アオガキ ゼンイチロウ

20世紀日本人名事典「青柿 善一郎」の解説

青柿 善一郎
アオガキ ゼンイチロウ

大正・昭和期の労働運動家



生年
明治20(1887)年2月9日

没年
昭和50(1975)年11月14日

出生地
奈良県吉野郡川上村

学歴〔年〕
尋常小学校卒

経歴
尋常小学校卒業後山林労働に従事していたが、大正4年大阪砲兵工廠に入り、以後松田製作所、神戸製鋼所などを経て、6年川崎造船所に入り、同時に友愛会に参加。以後、労働組合運動の指導者として10年の川崎・三菱造船場大争議を指導。その間逮捕、起訴される。14年結成された総同盟革新同盟の委員長となり、コミンテルンの会議などでモスクワに行った。以後日本大衆党などで活躍し、昭和4年神戸市議会議員となる。5年の衆議院議員選挙では落選。12年の人民戦線事件で逮捕され、懲役3年に処せられた。戦後の21年共産党に入党した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android