青木 鎌太郎(読み)アオキ カマタロウ

20世紀日本人名事典「青木 鎌太郎」の解説

青木 鎌太郎
アオキ カマタロウ

大正・昭和期の実業家 名古屋商工会議所会頭。



生年
明治7年10月17日(1874年)

没年
昭和27(1952)年1月5日

出生地
愛知県

学歴〔年〕
名古屋商卒

主な受賞名〔年〕
紺綬褒章〔昭和6年〕

経歴
イリス商会を経て、明治33年名古屋産時計の共同販売店を神戸に開業。日清事変で名古屋産時計の中国輸出販売に問題が発生すると上海に渡りこれを解決、業者の倒産を防いだ。この手腕を買われ、愛知時計製造(のちの愛知時計電機)に役員待遇で入社。大正14年社長に就任。昭和11〜15年、18〜21年の2回名古屋商工会議所会頭となり、東京の政財界とのパイプ役として中京地方の発展に務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android