青木 恵哉(読み)アオキ ケイサイ

20世紀日本人名事典「青木 恵哉」の解説

青木 恵哉
アオキ ケイサイ

昭和期の救癩運動家



生年
明治26(1893)年4月8日

没年
昭和44(1969)年3月6日

出生地
徳島県

本名
青木 安次郎

経歴
16歳でハンセン病発病。23歳の時香川県の大島療養所(のち国立大島青松園)に入院。のち熊本回春病院でキリスト教入信。昭和2年救癩伝道のため沖縄に渡り、13年の国立療養所愛楽園の設立に尽力した。設立後同園に入院、27年沖縄聖公会伝道師、41年執事となる。沖縄救らい事業の先覚者といわれる。著書に「選ばれた島」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android