青木 彰(読み)アオキ アキラ

20世紀日本人名事典「青木 彰」の解説

青木 彰
アオキ アキラ

昭和・平成期のコミュニケーション学者,ジャーナリスト 元・産経新聞取締役編集局長;筑波大学名誉教授。



生年
大正15(1926)年7月4日

没年
平成15(2003)年12月16日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京大学文学部教育学科卒

経歴
昭和24年サンケイ新聞に入社。社会部記者として活躍し、東京本社社会部長、大阪、東京各編集局長(役員待遇)を経て、50年取締役。52年フジ新聞社長。53年筑波大学教授、平成2年東京情報大学教授。朝日新聞紙面審議会メンバーやNHK情報公開審議委員会委員長などを歴任。筑波大学時代はマスコミ志望の学生のために私塾・青木塾を開き、多くの後進を育成した。また小説家・司馬遼太郎親交が深く、司馬遼太郎財団常務理事も務めた。著書に「新聞の取材〈上・下〉」「新聞との約束」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android