青木 市五郎(読み)アオキ イチゴロウ

20世紀日本人名事典「青木 市五郎」の解説

青木 市五郎
アオキ イチゴロウ

昭和期の農業家 元・砂川基地拡張反対同盟第一行動隊長;元・立川市議。



生年
明治33(1900)年12月11日

没年
昭和60(1985)年11月10日

出生地
東京都砂川町(現・立川市)

経歴
東京都砂川町(現・立川市)で農業経営、立川市議。米軍要請で立川飛行場拡張が提示された昭和30年5月以来、農協組合長・高橋初五郎らと基地拡張及対同盟に属し、第1行動隊長として闘争を推進。「土地には打たれても心に杭は打たせない」という青木発言は反対同盟の合言葉になり、青木が起した立川基地内土地明け渡し請求の民事訴訟は、48年3月和解成立。事実上、青木の要求が通った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「青木 市五郎」の解説

青木 市五郎 (あおき いちごろう)

生年月日:1900年12月11日
昭和時代の農民;社会運動家。砂川基地拡張反対同盟第一行動隊長
1985年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android