霊祭(読み)れいさい

精選版 日本国語大辞典「霊祭」の解説

れい‐さい【霊祭】

〘名〙
① 先祖のを迎えてまつるまつり。一般には盂蘭盆をいう。精霊(しょうりょうえ)。たままつり。〔庾信‐司馬裔碑〕
神道で、霊前祭と墓前祭総称
※風俗画報‐二一三号(1900)服部海軍中佐の性行経歴及戦死後の詳況「伏見に於ける服部中佐の霊祭は、七月四日午前十時御香宮神社境内にて執行したり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「霊祭」の解説

たま‐まつり【霊祭(り)/魂祭(り)】

陰暦7月のを中心にして、祖霊を迎えて祭りをすること。精霊しょうりょう祭り。盂蘭盆会うらぼんえ 秋》「夜かよふ蝶あはれなり―/闌更
[類語]盂蘭盆精霊会新盆旧盆

れい‐さい【霊祭】

死者を祭るまつり。たままつり。
神道で、霊前祭と墓前祭との総称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「霊祭」の解説

【霊祭】れいさい

魂祭り。

通「霊」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android