開高健(読み)かいこうたけし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「開高健」の解説

開高健
かいこうたけし

[生]1930.12.30. 大阪
[]1989.12.9. 東京
小説家。大阪市立大学法学部卒業。『の王様』 (1957) で芥川賞を受賞。前作パニック』 (57) 同様,工業社会における「組織と個人」という現代的なテーマを扱っている。『日本三文オペラ』 (59) では,大阪の旧陸軍工廠跡の浮浪者,貧民群の生態を描いた。その後イスラエルアイヒマン裁判傍聴したり,ベトナム戦場におもむくなど,国際的な幅広い活動で知られる。また小田実らとベ平連 (「ベトナムに平和を! 市民連合」) を起し,精力的に平和運動を進めた。『輝ける闇』 (68) ,『夏の闇』 (71) など,現代史に取材した力作がある。ほかに『ベトナム戦記』 (65) ,『破れた』 (86) ,『夜と陽炎 (かげろう) 』 (86) など。 1990年「開高健賞」が創設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「開高健」の解説

開高健 かいこう-たけし

1930-1989 昭和時代後期の小説家。
昭和5年12月30日生まれ。昭和29年寿屋(現サントリー)に入社,広告コピーに才能を発揮。33年「裸の王様」で芥川賞。ベトナム戦争特派員の体験をもとに「輝ける(やみ)」「の闇」などを発表。ルポルタージュ,エッセイなども精力的に執筆した。牧羊子の夫。平成元年12月9日死去。58歳。大阪出身。大阪市立大卒。作品はほかに「日本三文オペラ」「もっと遠く!」など。
格言など】成熟するためには遠まわりをしなければならない

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「開高健」の解説

開高健【かいこうたけし】

小説家。大阪生れ。大阪市立大卒。サントリー宣伝部に勤務し,のち広告会社経営,コピーライターとして一時代を画す。1957年《裸の王様》により芥川賞,戦後文学の担い手の一人となった。ベトナム戦争を取材してベ平連の中心となるなど,旺盛な行動力で知られた。主著《パニック》《日本三文オペラ》《ベトナム戦記》《輝ける闇》《夏の闇》,釣の紀行文《オーパ!》,《開高健全作品》全12巻など。
→関連項目小田実鶴見俊輔増村保造

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「開高健」の解説

かいこう‐たけし【開高健】

小説家。大阪生まれ。昭和三三年(一九五八)「裸の王様」で芥川賞受賞。旺盛な行動力に支えられた視野の広い文学活動を展開した。著に「日本三文オペラ」「ベトナム戦記」「夏の闇」など。昭和五~平成元年(一九三〇‐八九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「開高健」の解説

かいこう‐たけし〔カイカウ‐〕【開高健】

[1930~1989]小説家。大阪の生まれ。「裸の王様」で芥川賞受賞。ベトナム戦争の取材など、行動派作家として活躍。他に「パニック」「輝ける闇」「夏の闇」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の開高健の言及

【戦後文学】より

…彼らは三島由紀夫と同世代だが,この世代のうちで非政治的な立場で日常性の危機を文学化したのが〈第三の新人〉と呼ばれる安岡章太郎,吉行淳之介,小島信夫らであった。だが50年代の後半には,さらにその下の世代から大江健三郎,石原慎太郎,開高健,および評論家として江藤淳が登場した。 1960年代以降には経済成長による文学読者の増大とともに,旧来の〈純文学〉がそのままでは時代への適応力を欠くにいたり,平野謙の発言をめぐって〈純文学論争〉がおこなわれ,他方,マスコミの影響のもとに文学の拡散現象も指摘された。…

※「開高健」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android