(読み)のみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「鑿」の意味・わかりやすい解説


のみ

木材石材に穴をあけたり,溝を掘ったりするための工具。形体から,平鑿,丸鑿角鑿に大別されるが,刃先の幅,長さ,刃形など,用途によって多種多様である。使用法からも,手鑿,たたき鑿,突き鑿などといわれるが,機械による使用に移行しつつある。鑿の使用は世界的で,初めは石,貝などの材質のものが使われていた。日本では貝材のものは未発見であるが,弥生時代に鑿形石器が出土している。鉄製のものも古墳時代にすでに現れ,茎 (なかご) のある細長い棒状を呈し,刃部は薄く,やや幅広にできている。また,日本で出土している鉄鑿は,ほとんどが鍛造であることが特色である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「鑿」の意味・わかりやすい解説

鑿【のみ】

木材等に穴をあけたり小部分を削り取ったりする手工具。木工用は,柄の端をたたいて使う穴あけ用の叩(たたき)鑿と手で押して使う表面を削るための突鑿に大別。金工・石工用には(たがね)が使用される。鑿,鏨ともに刃部と柄部で構成されるが,鏨は一体になっており,共柄と呼ぶ。また,鑿は片刃だが鏨は両刃である。
→関連項目木工具

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典 「鑿」の意味・読み・例文・類語

のみ【鑿】

〘名〙 木工・石工の道具で、穴をあけたり、溝を刻んだりするためのもの。柄の上部をたたいて使うたたきのみ、柄を持って突くようにして使うつきのみがある。鉄製の工具で、古く古墳時代から使われた。
※令義解(718)軍防「小斧一具。鑿一具」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「鑿」の意味・読み・例文・類語

のみ【×鑿】

木材・石材・金属などに穴をあけたり、溝を刻んだりするのに用いる工具。柄の先に刃がつき、柄頭をつちでたたくか、手で突くかして削る。刃先の形により、平のみ・丸のみ・壺のみなどがある。

さく【鑿】[漢字項目]

[音]サク(漢) [訓]うがつ のみ
穴を掘る。うがつ。「鑿岩開鑿掘鑿穿鑿せんさく
のみ。「斧鑿ふさく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

家とインテリアの用語がわかる辞典 「鑿」の解説

のみ【鑿】

木材や石材などに穴を開けたり、溝を削り出したりする、柄の先に刃のついた工具。柄じりの部分をつちでたたいて使うものと、手で押して使うものがある。

出典 講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について 情報

防府市歴史用語集 「鑿」の解説

 木や石を加工する道具です。柄[つか]の先をハンマーでたたいて、素材をけずります。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android