野口 冨士男(読み)ノグチ フジオ

20世紀日本人名事典「野口 冨士男」の解説

野口 冨士男
ノグチ フジオ

昭和・平成期の小説家



生年
明治44(1911)年7月4日

没年
平成5(1993)年11月22日

出生地
東京都千代田区麴町

本名
平井 冨士男(ヒライ フジオ)

学歴〔年〕
慶応義塾大学予科〔昭和5年〕中退,文化学院卒

主な受賞名〔年〕
毎日芸術賞〔昭和41年〕「徳田秋声伝」,読売文学賞(随筆・紀行部門・第27回)〔昭和50年〕「わが荷風」,読売文学賞(小説部門・第30回)〔昭和53年〕「かくてありけり」,川端康成文学賞(第7回)〔昭和55年〕「なぎの葉考」,日本芸術院賞(文芸部門・第38回)〔昭和56年〕,菊池寛賞(第34回)〔昭和61年〕「感触的昭和文壇史」

経歴
紀伊国屋書店、都新聞社などに勤務する一方、「行動」など多くの同人雑誌に関係を持ち、昭和15年「風の系譜」を刊行。19年海軍に応召、その体験が後の「海軍日記」となる。40年評伝「徳田秋声伝」を刊行して高い評価を受け、翌年毎日芸術賞を受賞。以後、幅広く活躍し、50年「わが荷風」、53年「かくてありけり」で読売文学賞を、55年「なぎの葉考」で川端康成文学賞を受賞し、56年には日本芸術院賞を受賞。59年から63年まで日本文芸家協会理事長を務めた。平成3年「野口冨士男自選小説全集」(全2巻 河出書房新社)を出版没後の6年越谷市立図書館に野口冨士男文庫が開設された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「野口 冨士男」の解説

野口 冨士男 (のぐち ふじお)

生年月日:1911年7月4日
昭和時代;平成時代の小説家。日本文芸家協会理事長
1993年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android