(読み)こう

精選版 日本国語大辞典「郊」の解説

こう カウ【郊】

〘名〙
① 町はずれの野。市外。郊外。〔撮壌集(1454)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録一二「嫩草未だ生ぜざるも翠色已に郊(カウ)に満つ」 〔礼記王制
② 古く、中国で、天子が天地をまつった祭。郊祀(こうし)。〔礼記‐郊特牲〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「郊」の解説

こう【郊】[漢字項目]

常用漢字] [音]コウカウ)(漢)
都市の周辺の地域。「郊外遠郊近郊西郊
天地の祭り。「郊祀こうし
[名のり]おか・さと・ひろ

こう〔カウ〕【郊】

都市の周辺部。町外れ。郊外。
まさに是れ陽春、…翠色已に―に満つ」〈織田訳・花柳春話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android