通則(読み)つうそく

精選版 日本国語大辞典 「通則」の意味・読み・例文・類語

つう‐そく【通則】

〘名〙 世間一般に通用するきまり。一般に適用される法則。また、全体をとおしての規則共通の規則。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「理論は普通の通則にて、実験は各地の活機を、習煉悟得するものにて」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「皆此筆法を用ゐるのが通則になって居る」 〔沈約‐立左降詔〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「通則」の意味・読み・例文・類語

つう‐そく【通則】

世間一般に通用するきまり。「人間社会の通則
法規などで、全体にわたる規則。総則
[類語]規則決まり定め規定規程条規定則規約約束規準規矩準縄きくじゅんじょう規律ルールコード本則総則細則付則概則おきて

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「通則」の読み・字形・画数・意味

【通則】つうそく

古今に通ずる法則。梁・沈約〔左降を立つる詔〕秩を減じて官に居らしむるは、代の則にして、を貶(おと)して左するは、の繼軌なり。今より~左の科を開くべし。

字通「通」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android