辻 邦生(読み)ツジ クニオ

20世紀日本人名事典「辻 邦生」の解説

辻 邦生
ツジ クニオ

昭和・平成期の小説家



生年
大正14(1925)年9月24日

没年
平成11(1999)年7月29日

出生地
東京市本郷区駒込(現・東京都文京区)

学歴〔年〕
東京大学文学部仏文学科〔昭和27年〕卒

主な受賞名〔年〕
近代文学賞(第4回)〔昭和37年〕「廻廊にて」,芸術選奨文部大臣新人賞(文芸・評論部門・第19回)〔昭和43年〕「安土往還記」,毎日芸術賞(第14回)〔昭和47年〕「背教者ユリアヌス」,イタリア共和国功労勲章カバリエーレ・ウフィチアーレ章〔平成7年〕,谷崎潤一郎賞(第31回)〔平成7年〕「西行花伝

経歴
松本高校時代に北杜夫を知り、東大入学後は渡辺一夫に師事する。昭和31年学習院大学講師となり、32年に渡仏、森有正をしばしば訪ねる。帰国後、「廻廊にて」を執筆し、文壇デビュー。37年同作品は近代文学賞を受賞。41年立教大学助教授、のち東京農工大学教授を経て、学習院大学教授。平成3年3月退任し、講師。この間、昭和43年「安土往還記」で芸術選奨を、47年「背教者ユリアヌス」で毎日芸術賞を受賞。小説、戯曲、評論と幅広く活躍し「夏の砦」「北の岬」「天草の雅歌」「春の戴冠」「嵯峨野明月記」「銀杏散りやまず」「西行花伝」「フーシエ革命暦」などの作品がある。他に「辻邦生作品」(全6巻 河出書房社)、「邦生全短編」(全2巻 中央公論社)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「辻 邦生」の解説

辻 邦生 (つじ くにお)

生年月日:1925年9月24日
昭和時代;平成時代の小説家;フランス文学者。東京農工大学教授;学習院大学教授
1999年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android