辛味(読み)からみ

精選版 日本国語大辞典「辛味」の解説

から‐み【辛味】

〘名〙 (形容詞「からい」の語幹に接尾語「み」の付いたもの。後に「あじ」を意味する「み(味)」の意識がまじっている)
① からいこと。からさ。ひりひりと舌をさすさ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 食物に辛い味を添えるもの。とうがらし、わさび、からし、しょうが、大根おろし、その他、味覚、嗅覚(きゅうかく)刺激する辛さをもったもの。辛味料(しんみりょう)。やくみ。かやく。
※俳諧・仏の兄(1699)「やうな蕎麦の辛味も御座らうか〈鬼貫〉」

しん‐み【辛味】

〘名〙 からいあじ。からみ。からさ。〔管子‐幼官〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「辛味」の解説

辛味

 基本味を補助する補助味の一つで,正確には味ではなく刺激であるとされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉「辛味」の解説

しん‐み【辛味】

ぴりっとする辛い味。からみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「辛味」の解説

【辛味】しんみ

からみ。

字通「辛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android