辛み(読み)カラミ

デジタル大辞泉「辛み」の解説

から‐み【辛み/辛味】

辛い味。辛さの程度。を刺激する辛さにも、塩辛さにもいう。「大根おろしの―が足りない」
カラシ・ワサビ・ショウガ・サンショウ・トウガラシなど、辛い味のあるもの。薬味やくみとする。
[補説]「味」は当て字
[類語]辛口辛め辛い塩辛いしょっぱい鹹味かんみぴり辛(舌に辛みを感じるさま)ぴりっとぴりりとぴりぴりひりひり

つら‐み【辛み】

つらいこと。つらい気持ち。→うらみ辛み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「辛み」の解説

つら‐み【辛み】

(形容詞「つらい」の語幹に接尾語「み」の付いたもの。「うらみつらみ」の形で用いる) 相手の仕打ちをつらいと思う気持。→うらみつらみ
浮世草子・新色五巻書(1698)二「うら身つら身も帰らぬ事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android