(読み)かかと

精選版 日本国語大辞典「踵」の解説

かかと【踵】

〘名〙 (「かがと」とも)
① 足の裏の後部踵骨(しょうこつ)と、それをおおう厚い丈夫な皮膚がある。くびす。きびす。
※書言字考節用集(1717)五「踵 カカト」
西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉六「そんなものはござらねへがうらがかかとの皮じゃアどうだんべイ」
② (かかとのように厚いの意から) 面(つら)の皮が厚いこと。ずうずうしいこと。あつかましいこと。
※歌舞伎・四天王産湯玉川(1818)五立「イヤ、余っ程皮の厚い飛んだ踵(カカト)だ」
履物の裏の後部。また、履物の後部。ヒール
※今川大双紙(15C前)馬に付て式法之事「主人に乗りめさすべき事〈〉其後右の手にては、沓のかかとをおさへべし」
[語誌]カカトは近世に入って東国系の語として文献に登場する。関西ではキビス。

きびす【踵】

〘名〙
① かかと。くびす。きひひす。
※大智度論天安二年点(858)「足跟(キヒス)広く具足して満ち」
※虎明本狂言・丼礑(室町末‐近世初)「かかる者はおとがいをきられ、にぐる者はきびすをきらるるものもあり」
② はきもので、かかとが当たる部分。
※宇治拾遺(1221頃)二「ひきとどめんとて、手をさしやりたりけるに、〈略〉片足すこしさがりたりけるきびすを、沓加へながらとらへたりければ」
[語誌]上代のクヒビス(ないしクビヒス)がクビスやキヒヒスなどの形を経てキビスに変化した。中古以降クビスと並んで用いられるが、クビスが規範的な形、キビスが日常的な形であったらしい。→くびひす

くびす【踵】

〘名〙 足の裏の後部の地につく部分。かかと。きびす。くびひす。
※正倉院文書‐天平一二年(740)越前国江沼郡山背郷計帳「弟江沼臣族堅牛 年参拾陸 正丁 右足久比須疵」
※曾我物語(南北朝頃)四「御前の舞人は雞婁(けいろう)をうって舞行のくびすをそばたつ」

くびひす【踵】

〘名〙 =くびす(踵)
書紀(720)仁徳六五年(前田本)「其れ(ひさ)有りて膕踵(久比婢須)無し」
[語誌]→「きびす」の語誌

あくと【踵】

〘名〙 (「あぐと」とも) かかと。くびす。あくつ。
※名語記(1275)八「馬の足のあくと如何、答あしくほとろあしくほたるの反歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「踵」の解説

かかと【×踵】

足の裏の後部、足首の下にあたる部分。くびす。きびす。「を上げる」
靴など、履き物の後部。「がすり減る」「を踏んで履く」
[類語](1くびすきびす/(2ヒール

きびす【×踵】

かかと。くびす。
履物の、かかとにあたる部分。
くつの―を、刀にて切りたるやうに」〈宇治拾遺・二〉
[類語]くびす

しょう【踵】[漢字項目]

[音]ショウ(漢) [訓]かかと くびす きびす
かかと。「接踵旋踵

くびす【×踵】

足の裏の後部。かかと。きびす。
[類語]きびす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android