賞牌(読み)しょうはい

精選版 日本国語大辞典「賞牌」の解説

しょう‐はい シャウ‥【賞牌】

〘名〙
① 功労、技能、また、競技などの入賞者に褒賞として与えられる記章。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
② 明治九年(一八七六)一一月一五日以前の勲章の称。
※太政官布告第五四号‐明治八年(1875)四月一〇日「朕惟ふに凡そ国家に功を立て績を顕する者宜くを褒賞し以て之に酬ゆへし仍て勲等賞の典を定め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「賞牌」の解説

しょう‐はい〔シヤウ‐〕【賞×牌】

競技の入賞者などに賞として与える記章。メダル。「賞牌を手渡す」
[類語]トロフィー賞杯カップメダル

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の賞牌の言及

【メダル】より

…材料は銅,鉛および金,銀が使用される。賞牌(しようはい),記念章や勲章および古代ギリシア・ローマの貨幣もこれに含まれる。 古代ギリシアの貨幣は芸術的にも価値高い工芸品であった。…

※「賞牌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android