賛否両論(読み)さんぴりょうろん

四字熟語を知る辞典「賛否両論」の解説

賛否両論

そのことについて、賛成反対両方の意見があること。

[使用例] 港湾拡張と石油タンク新設のために彼の生家を含む漁村一帯の立ちのき問題がおこり、それへの賛否両論で村が二つに割れたことのあるのを私は知っている[高橋和巳*我が心は石にあらず|1964~66]

[使用例] あのの一文が新聞に載ると、賛否両論の投書が殺到してこうろんおつばく、おしまいには「黒田発言をめぐる読者の意見」の特集を見開き二ぺージに組むことにさえなった[丸谷才一*思想と無思想の間|1968]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「賛否両論」の解説

さんぴ‐りょうろん〔‐リヤウロン〕【賛否両論】

そのことについて、賛成と反対の両方の意見があること。特に、賛成論と反対論とで優劣のつかない状態についていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「賛否両論」の解説

賛否両論

日本料理店。2004年開業。本店は東京都渋谷区にある「恵比寿 賛否両論」。和惣菜や弁当の販売も行なう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android