賀田 金三郎(読み)カダ キンザブロウ

20世紀日本人名事典「賀田 金三郎」の解説

賀田 金三郎
カダ キンザブロウ

明治・大正期の実業家 賀田組創業者;大倉組台湾支配人。



生年
安政4年9月16日(1857年)

没年
大正11(1922)年7月4日

出生地
長門国萩(山口県萩市)

経歴
父は札差商人で、幼時萩藩の儒者馬島春海に学び、家業を継ぐ。明治18年上京して藤田組に入り、20年の大倉組との合併の際松山出張所主任に抜擢、のち広島支店長となる。日清戦争後、満州に支店開設を計画したが、三国干渉のために挫折し、方針を転換して大倉組台湾支配人として台湾に渡った。30年台北に駅伝車を設置し社長に就任、島内交通事業を興す。32年賀田組を創立、鉄道敷設、港湾修築など台湾の開発に尽力、台湾・朝鮮の植民地経営に力をふるった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「賀田 金三郎」の解説

賀田 金三郎 (かだ きんざぶろう)

生年月日:1857年9月16日
明治時代;大正時代の実業家。大倉組台湾支配人
1922年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android