豊後(読み)ぶんご

精選版 日本国語大辞典「豊後」の解説

ぶんご【豊後】

[1] 西海道一一か国の一国。古くは(とよのくに)と呼ばれたが、七世紀末、豊前・豊後の二つに分かれて、それぞれ一国となる。鎌倉時代から室町時代にかけて大友氏が守護となり、大友宗麟のころはキリスト教伝道の中心地となる。江戸時代は臼杵藩など七藩に分かれ、明治四年(一八七一)七月の廃藩置県により臼杵・杵築などの八県が置かれた。同年一一月大分県に統合。豊州
[2] 〘名〙
※談義本・当風辻談義(1753)四「義太夫には余程あれど中々豊後(ブンゴ)には及もないこと」
② (浄瑠璃の品位をいった俚諺に「土佐上下に外記袴、半太羽織に義太股引、豊後(ブンゴ)可愛や丸裸」といったところから) 丸裸をいう。
※雑俳・柳多留‐六四(1813)「義太夫でふんこをはたる大晦日」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

防府市歴史用語集「豊後」の解説

豊後

 現在の大分県南部の旧国名です。豊[とよ]国と呼ばれていた国が7世紀の終わりに豊前[ぶぜん]と豊後にわかれます。鎌倉時代には大友[おおとも]氏が守護[しゅご]になり、九州北部に勢力をのばしました。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

デジタル大辞泉「豊後」の解説

ぶんご【豊後】

旧国名の一。現在の大分県大部分。豊州。
豊後節」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android