(読み)サン

デジタル大辞泉「讃」の解説

さん【讃】[漢字項目]

人名用漢字] [音]サン(呉)(漢) [訓]ほめる たたえる
ほめたたえる。「讃歌讃美称讃絶讃
ほめたたえる文。また、絵に添える詩文。「画讃
徳をたたえる言葉。「梵讃ぼんさん和讃
讃岐さぬき国。「讃州/土讃・予讃」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)「讃」の解説


さん

古代中国南朝の史書にみえる、5人の王(わおう)(讃、珍(ちん)、済(せい)、興(こう)、武(ぶ))の1人。賛とも記され、応神(おうじん)、仁徳(にんとく)あるいは履中(りちゅう)天皇に擬せられる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「讃」の解説


さん

偈頌(→。げじゅ)によって仏,菩薩祖師あるいは教法などを賛嘆したもの。サンスクリット語賛歌梵讃漢語の賛歌を漢讃,日本語の賛歌を和讃という。


さん

倭の五王」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「讃」の解説


さん

5世紀に中国南朝に朝貢した倭の五王の一人
仁徳(または応神・履中)天皇に定されている。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「讃」の解説

さん【讃 zàn】

中国の仏教法会や日常の勤行に詠唱された歌。讃文ともいう。敦煌から出た唐代写本の例はみな七言句で長短不定。1韻で通すものと換韻するものとの2種がある。梵語経典に用いられた偈(げ)から発展したもので,宗旨を述べたり仏の徳をたたえたりしたものが多い。〈涅槃(ねはん)讃〉〈浄土讃〉〈念仏讃〉〈出家讃〉など。〈悉達太子讃〉(全60句)は《悉達太子修道因縁》という長編変文冒頭に枕として用いられてもいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「讃」の解説

さん

倭王讃(わおう-さん)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android