護謨(読み)ゴム

精選版 日本国語大辞典「護謨」の解説

ゴム【護謨】

〘名〙 (gom 「謨」はあて字)
① 植物ゴム質。植物から分泌される多糖類。ペントース、ヘキソース、ウロン酸等が主成分。アルコールには溶けず水に溶かすとコロイド溶液となるか、水を吸収して著しく膨張する点で樹脂とは異なる。アラビアゴムトラガカントゴム、メスキットゴム、ガッチゴム、サクラゴム等があり、粘着剤、粘稠(ねんちゅう)剤、エマルジョン安定剤、繊維用糊剤、錠剤結合剤等に用いられる。
(イ) 天然ゴム。パラゴムノキ、マニホットゴムノキ、ゴムタンポポ、インドゴムノキ、アメリカゴムノキ等のゴム植物から採取される。弾性に富んだ鎖状高分子物質。炭水化物が主成分。樹皮から採取したままの乳液をラテックス、これを濃縮し酸で凝固させたものを生ゴム、これに硫黄を加え、ゴム分子が硫黄で架橋されたものを加硫ゴムという。〔植学啓原(1833)〕
(ロ) 合成ゴムブタジエン、スチレン等、石炭・石油製品から化学合成によって造ったもの。
(ハ) 再生ゴム。天然ゴム、合成ゴム等のくずゴム、ゴム製品の廃物等から再生したもの。
③ 「ゴムのき(━木)」の略。
※彼岸過迄(1912)〈夏目漱石〉風呂の後「護謨(ゴム)を植ゑる為の地面を借り受けるのに」
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉六「鉛筆の尻に着いて居る、護謨(ゴム)の頭で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「護謨」の解説

ゴム(〈オランダ〉gom)

わずかな力で大きく伸び、外力を除くとほとんど瞬間的にもとに戻る性質をもつ物質。ゴムの木から採取したラテックスから作る天然ゴム石油などから化学的に合成する合成ゴム再生ゴムなどがある。ラバー。→弾性ゴム
植物から分泌される多糖類で、水溶性粘性のある物質。弾性は示さない。アラビアゴム・トラガカントゴムなど。
俗にコンドームのこと。
[補説]「護謨」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android