解明(読み)かいめい

精選版 日本国語大辞典 「解明」の意味・読み・例文・類語

かい‐めい【解明】

〘名〙 ときあかすこと。わからない物事を細かく調べて、はっきりさせること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「天下事物、至て微小なりと雖ども〈略〉子細に解明して有用の実証となすべきなり」

とき‐あか・す【解明】

〘他サ五(四)〙 問題を解いてその意味をあきらかにする。解明する。
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉六「好し、我れは君等に空気の有ることを解き明かさん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「解明」の意味・読み・例文・類語

かい‐めい【解明】

[名](スル)不明な点を探って、はっきりさせること。「事件の真相を解明する」
[類語]糾明究明

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android