覚山尼(読み)かくさんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「覚山尼」の解説

覚山尼 かくさんに

1252-1306 鎌倉時代の尼僧
建長4年7月4日生まれ。安達義景の娘。母は北条時房の娘。臨済(りんざい)宗。弘長元年北条時宗にとつぎ,嫡男貞時を生む。弘安(こうあん)7年夫とともに鎌倉円覚寺の無学祖元を師として出家。翌年東慶寺(縁切寺)の開山となる。勅許をえて,女性を救済する寺法をさだめたとつたえられる。嘉元(かげん)4年10月9日死去。55歳。通称は堀内殿,潮音院殿。号は覚山志道

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典「覚山尼」の解説

覚山尼 (かくさんに)

生年月日:1252年7月4日
鎌倉時代後期の女性。執権北条時宗の妻
1306年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android