見方(読み)みかた

精選版 日本国語大辞典 「見方」の意味・読み・例文・類語

み‐かた【見方】

〘名〙 見る方法。見る方面。見様(みよう)。また、ある物事を見て、それについて考える方法。ある立場から物事を考える方法。考え方。見解。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※物理学と感覚(1917)〈寺田寅彦〉「理学発達の初期には物理学者の見方はまだそれ程世人と離れて居なかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「見方」の意味・読み・例文・類語

み‐かた【見方】

物を見る方法。「地図の見方
ある立場からの物事の考え方。見解。みよう。「彼と私とでは見方が異なる」
[類語]見様意見見解主張所説所論持説持論私見私意私考所思所見考えオピニオン(尊敬)貴意高見(謙譲)愚見卑見私見管見

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android