西洋流(読み)せいようりゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)「西洋流」の解説

西洋流
せいようりゅう

幕末、西洋砲術の一派。1834年(天保5)高島帆(しゅうはん)の創始。のち高島流という。秋帆(1798―1866)は長崎の町年寄兼鉄砲方の家に生まれ、初め父より荻野(おぎの)流・天山(てんざん)流をんだが、天保(てんぽう)(1830~44)初年出島に滞留したオランダの退役軍人に師事すること数年、兵制・砲術・戦術など洋式軍務の伝習を受け、これまでの和流砲術から脱却して諸大砲の操法と銃隊調練をあわせ教授する西洋流を標榜(ひょうぼう)するに至った。

[渡邉一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「西洋流」の解説

せいよう‐りゅう セイヤウリウ【西洋流】

〘名〙
① 西洋の流儀。西洋のやり方。西洋の方式。洋風。
※随筆・文会雑記(1782)三「よって西洋流を学ては、余国の算暦は取るにたらず」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「実に西洋流(セイヤウリウ)でなくては夜があけませぬ」
② 砲術高島流の古称
※続泰平年表‐天保一三年(1842)六月一一日御触(古事類苑・武技一五)「嘉永元年、西洋流と唱候分、向後高島流と可唱旨被令」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android