血統登録(読み)けっとうとうろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「血統登録」の意味・わかりやすい解説

血統登録
けっとうとうろく

家畜遺伝形質などを明らかにするために行う血統の登録。すでに登録されている両親から生れたものだけを対象とする閉鎖式と,雑種のものでも改良の基礎にしようとするものを対象とする開放式とがあり,さらに体型や能力に一定の基準をつくってこれに合格したものだけを登録する選抜登録とがある。初めて血統登録を行なったのは,1791年のイギリスサラブレッドの種牡馬について行なったもの (→ジェネラル・スタッドブック ) で,以後,肉牛や羊などについても行われるようになったが,現在ではほとんどの国で各種の家畜について行われている。日本では牛,軽種馬 (サラブレッド,アラブなどの競走馬が含まれる) ,羊,やぎ,豚の各品種について,公共団体が血統登録を行い,登録簿として公にするとともに,飼育者に名称,登録番号,性別,生産者,生年月日,系図,特徴などを記入した血統登録証明書を配布している。特に血統が重んじられるのは血統のスポーツといわれる競馬で,血統の明らかでない競走馬はレースに出走できない仕組みとなっている。また犬,ねこなどについても,それぞれの登録協会あるいは愛好者団体で血統登録を行い,血統書を発行している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「血統登録」の意味・わかりやすい解説

血統登録【けっとうとうろく】

交配に使用される家畜に信頼性を与えるために,公共団体により行われている登録制度。1791年英国でサラブレッド種馬について行われたのが最初。閉鎖式と開放式とに大別される。閉鎖式はすでに登録された両親から生まれたものだけを対象とする制度で,イヌネコなど愛玩動物の品種の登録はほとんどがこれである。開放式は雑種であっても改良の基礎になる個体標準に従って選択,登録し,数代にわたる交配を行うなかで改良を進め,ついには純粋種と同じか,またはそれに準じた扱いをするもの。近年では血液型の遺伝を利用して個体の識別や親子関係の確認が行われている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典 「血統登録」の意味・読み・例文・類語

けっとう‐とうろく【血統登録】

〘名〙 家畜の血統をその品種の登録協会に登録すること。優良品種の維持、品種の向上のため一八世紀末イギリスに始まり、日本では乳牛、肉牛、馬、犬、ヤギなどに行なわれる。〔大増補改訂や、此は便利だ(1936)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版 「血統登録」の意味・わかりやすい解説

けっとうとうろく【血統登録 pedigree registration】

家畜の遺伝的改良をはかる場合に基礎となるのは,ある個体から父母,祖父母と祖先へさかのぼった血縁関係を明確にすることである。そのために行われるのが血統登録であり,人間でいえば戸籍に相当する。現在では改良の進んだ品種についてはそれぞれの品種ごとに,政府または公共機関(登録協会)の手で登録事業が営まれ客観性と正確性を期している。日本でも乳牛,和牛,軽種馬,ヒツジ,ヤギ,ブタなどで実施されている。家畜の血統登録は古くはアラビア人がアラブ種のウマの改良において実施したといわれているが,組織的に行われて現在まで続いているのはイギリスのサラブレッド種について1791年に開始されたのが最初である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「血統登録」の意味・わかりやすい解説

血統登録
けっとうとうろく

家畜登録制度

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android