蕉門(読み)しょうもん

精選版 日本国語大辞典 「蕉門」の意味・読み・例文・類語

しょう‐もん セウ‥【蕉門】

〘名〙 俳人松尾芭蕉の門流。また、それに共鳴した俳人の流派。
※俳諧・青根が峯(1698)答許子問難弁「然ども蕉門の高客、今世にある者すくなからず」
※滑稽本・続膝栗毛(1810‐22)六「そんならおめへがたのはうでも誹諧が時花(はやり)やすか。蕉門(セウモン)美濃風かへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「蕉門」の意味・読み・例文・類語

しょう‐もん〔セウ‐〕【×蕉門】

松尾芭蕉一門

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エルニーニョ現象

《El Niño events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より高くなる現象。発生海域のみならず、世界的な異常気象の原因となる。逆に海水温が下がるラニーニャ現象も...

エルニーニョ現象の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android