莫大小・目利安(読み)メリヤス

精選版 日本国語大辞典「莫大小・目利安」の解説

メリヤス【莫大小・目利安】

〘名〙 (medias meias 靴下の意。「莫大小」は「大小莫(な)し」の意で伸縮自在であるところからの当て字)
① 一本または数本の糸で輪奈(わな)をつくり、その輪奈に次の輪奈を入れ、それを繰り返して布状に編んだもの。伸縮性・柔軟性に富み、手袋、靴下、肌着股引などに用いられる。編目をつづる方向によって緯メリヤス経メリヤスに大別される。日本には延宝~元祿年間(一六七三‐一七〇四)頃伝来した。メリヤス織。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一九「目璃耶子(メリヤス)をはいて蛤蜊踏れたり 吸物またいで利屈な客ぶり」
※和漢三才図会(1712)二一「旅捍〈太比由古天〉〈略〉近頃自中華来旅捍以木綿縐糸織為之縮伸任意不肥痩呼曰女利夜須
② (①が伸縮自在なところから) 相手次第でどのようにでもなる人をいう俗語。〔東京語辞典(1917)〕
※漫談集(1929)笑かす話〈大辻司郎〉「複雑に引き延ばして、くどくどしく書いたり、複雑した返事をチョッピリと片附けたり、余程メリヤスのお心得がなければ勤まらない仕事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android