荒御前・荒御裂(読み)あらみさき

精選版 日本国語大辞典 「荒御前・荒御裂」の意味・読み・例文・類語

あら‐みさき【荒御前・荒御裂】

〘名〙
① (軍の先頭に立つ)勇武な神。神功皇后の征韓の際の乗船に現われたという住吉大神の荒御魂(あらみたま)
平家(13C前)一一「むかし神功皇后(じんごうくゎうこう)新羅(しんら)をせめ給ひし時、伊勢大神宮より二神のあらみさきをさしそへさせ給ひけり」
② 人の仲、特に男女の仲を裂く神。あらみかげ。あらみさきひめ。
能因歌枕(11C中)「あらみさきとは、人の中をさくる神を云ふ、さくる神とも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)

イタリア系フランス人の天文学者。カシニともいう。ニース近郊に生まれ、ジェノバで聖職修業中に、ガリレイの弟子カバリエリに師事して数学・天文学を修得し、1650年25歳でボローニャ大学教授に任ぜられた。惑...

カッシーニ(Giovanni Domenico Cassini)の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android