荒巻・新巻(読み)あらまき

精選版 日本国語大辞典 「荒巻・新巻」の意味・読み・例文・類語

あら‐まき【荒巻・新巻】

〘名〙
① 主として魚を、あし、わら、竹の皮などで巻いたもの。鳥獣の肉、山の産物などを巻くこともあった。つと。すまき。〔十巻本和名抄(934頃)〕
今昔(1120頃か)二八「淡路の守源の頼親の朝臣のより鯛の荒巻を多く奉たりけるを」
※御湯殿上日記‐文明一五年(1483)四月三〇日「やまのいものあらまき、ところのをりなとまいる」
② (もと、荒縄で巻いたところから) 甘塩のサケ。内臓を除き、腹の中などに塩を詰めたもの。北海道の名産。《季・冬》
※他所の恋(1939‐40)〈正宗白鳥〉三「上等の鮭の荒巻(アラマキ)をお歳暮にお届けしよう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

侍ジャパンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android