興廃(読み)こうはい

精選版 日本国語大辞典 「興廃」の意味・読み・例文・類語

こう‐はい【興廃】

〘名〙
① 盛んになることとすたれること。
※勝鬘経義疏(611)歎仏真実功徳章「如来色無尽者、言感者言見応謂有故云有感即応無窮已」
※太平記(14C後)二七「下勝つを得ず、上負けざる事は、貴賤に依らず運の興廃(コウハイ)なるべし」 〔詩経疏‐大序〕
② 滅んだものを再興すること。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「興廃」の意味・読み・例文・類語

こう‐はい【興廃】

盛んになることと、すたれること。「皇国の興廃この一戦にあり」
[類語]興亡はやりすたり存亡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「興廃」の読み・字形・画数・意味

【興廃】こうはい

盛衰隆替。〔漢書、匡衡伝〕婚姻の禮正しくして、然る後品物(と)げて天命し。~此れ綱紀の首、王なり。上世より已來(いらい)、三代の興廢、未だ此れに由らざるらざるなり。

字通「興」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

侍ジャパンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android