腹腔(読み)ふくくう(英語表記)abdominal cavity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「腹腔」の解説

腹腔
ふくくう
abdominal cavity

広い意味では腹壁,つまり横隔膜,前腹壁,側腹壁,後腹壁,骨盤壁に囲まれた体腔総称。しかし,厳密にいえば腹膜に囲まれた空間であって,壁側腹膜と臓側腹膜によって男性では完全に閉鎖され,女性では卵管を経て体外と交通している。したがって,厳密な意味の腹腔内には臓器が存在しないことになるが,肝臓胆嚢脾臓,空,回腸,虫垂,横行結腸,S状結腸などは腹腔内に突出したような状態なので,通常これらを腹腔内臓器と呼んでいる。腹腔内には少量の漿液 (腹膜液) があって,腹膜の表面を潤している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「腹腔」の解説

ふっ‐こう フクカウ【腹腔】

〘名〙 (医学用語としては「ふっくう」) 脊椎動物の体腔の一部で、横隔膜より下で骨盤腔に至る部分をさす。胃・腸・肝臓・膵臓・腎臓・膀胱など、この他、女性では卵巣・子宮を内蔵している。腹膜腔。〔医語類聚(1872)〕

ふく‐こう ‥カウ【腹腔】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「腹腔」の解説

腹腔

 壁側腹壁で覆われている腹膜腔とその背側脊柱との間の腹膜後腔をあわせた名称

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉「腹腔」の解説

ふく‐こう〔‐カウ〕【腹×腔】

腹部内腔。内部に肝臓脾臓ひぞうなどを収める。ふくくう。

ふく‐くう【腹×腔】

ふくこう(腹腔)」の慣用読み。医学ではこの読みを用いる。

ふっ‐こう〔フクカウ〕【腹×腔】

ふくこう(腹腔)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の腹腔の言及

【体腔】より

…しかし脊索,脊椎動物では腹側腸間膜はその後大部分がなくなってしまうので,左右の両房は腹側でたがいに交通して腸は背側腸間膜で体腔中につりさげられた形となる。 最後に脊椎動物の体腔は,腸およびそれから分化した内臓諸器官を包容する腹腔のほかに,心臓を包む心囊腔(囲心腔ともいう)をつくり,さらに陸生動物では,胸郭の発達で肺を包む胸腔をつくる。胸腔は,哺乳類以外ではまだ一般の体腔と連絡しているが,哺乳類では横隔膜の発達によって他から完全に遮断されてしまう。…

【腹】より

…生物学的には腹部という。動物の体幹の中央部ないし後半にあって,内部に腹腔をもち,臓器をおさめている領域。腹をもつ動物では,一般に体が左右相称で,体の前端部に中枢神経や感覚器の集中した頭があり,頭と腹の間には胸が,腹の後には尾が分化していることが多い。…

※「腹腔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android