腹太(読み)はらぶと

精選版 日本国語大辞典「腹太」の解説

はら‐ぶと【腹太】

〘名〙
① (形動) 胆力の大きいこと。度量の大きいこと。腹が太いこと。また、そのさまやその人。
※歌舞伎・吉様参由縁音信(小堀政談)(1869)二幕「あんな女に見替へられては、腹太の腹が立つ」
※雑俳・柳多留‐三六(1807)「腹ぶとを一口くってをやき」
③ 魚「ぼら(鯔)」の異名。《季・秋》 〔本朝食鑑(1697)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android