胆汁色素(読み)タンジュウシキソ

化学辞典 第2版 「胆汁色素」の解説

胆汁色素
タンジュウシキソ
bile pigment

胆汁中に含まれる色素で,赤黄色のビリルビンおよび緑色のビリベルジンを主成分とする.両者の量比および濃度によって,胆汁にさまざまな色を与える.肉食動物には前者が,草食動物には後者が多い.ヘモグロビンの分解産物で,図に示すような代謝経路を経る.網状内皮細胞中でヘモグロビンが分解されて鉄およびグロビンが離脱したのち,まずビリベルジンが生じ,ついでビリルビンに還元される.これが血液中のタンパク質と複合体をつくって肝臓に運ばれ,グルクロン酸と結合して胆汁中に排出される.ついで腸内に送られ,大腸で微生物による還元を受けてウロビリノーゲンになる.これは無色であるが,空気酸化を受けると赤褐色のウロビリンになる.胆汁色素の検出には次のような試薬または反応が用いられる.
(1)エールリヒのアルデヒド試薬(エールリヒ反応),
(2)エールリヒのジアゾ試薬(van den Bergh反応),
(3)グメリン試薬(発煙硝酸1:希硝酸6)に試料を重層すると,酸化作用により境界面に下から順に,黄,赤,紫,青,緑色を呈する.ビリベルジンにもとづく最上層の緑色をもって陽性と判定する(グメリン法),
(4)酢酸亜鉛のアルコール液,ウロビリンが存在すると緑色の蛍光を発する(Schlesinger法).

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

百科事典マイペディア 「胆汁色素」の意味・わかりやすい解説

胆汁色素【たんじゅうしきそ】

胆汁の主要成分の一つ。ヘモグロビンの分解産物で,おもにビリルビン(赤褐色)とビリベルジン(青緑色)からなる。一般に草食動物は後者,肉食動物は前者が多い。ヒトの胆汁はほとんどビリルビンのみである。普通,血中にはきわめてわずかしか含まれないが,ヘモグロビンの代謝異常疾患では血中量が増加し,黄疸(おうだん)となる。また,しばしば胆石の主成分となる。
→関連項目胎便大便緑便

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉 「胆汁色素」の意味・読み・例文・類語

たんじゅう‐しきそ〔タンジフ‐〕【胆汁色素】

胆汁の主成分の一。人間の場合、ヘモグロビン代謝産物で、ビリルビンという黄褐色の色素を指す。糞便の色はこれによる。血清中に過剰に存在する状態が黄疸おうだん。ほかにビリベルジンという緑色の色素もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「胆汁色素」の意味・読み・例文・類語

たんじゅう‐しきそ タンジフ‥【胆汁色素】

〘名〙 胆汁の主成分の一つ。黄褐色のビリルビンと青緑色のビリベルジンからなり、胆汁と糞便に色を与える。消化、吸収の働きはない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典 「胆汁色素」の解説

胆汁色素

 ヘモグロビンのヘムが分解されて生成する色素で,胆汁内へと排泄され,胆汁色素とよばれる.最終的には糞便の色となる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版 「胆汁色素」の意味・わかりやすい解説

たんじゅうしきそ【胆汁色素 bile pigment】

動物の胆汁(胆液)の主成分の一つで,4個のピロール環が3個の炭素原子を介して結合したテトラピロール構造を主体とし,両端に2個の水酸基をもつテトラピラン誘導体の総称。その大部分が赤褐色のビリルビン(胆赤素)と青緑色のビリベルジン(胆緑素)(図1)であり,両成分の量比と濃度の違いによって,胆汁の色が変わる。ヒトの胆汁はほとんど胆赤素から成り,通常赤褐色を呈するが,肉食動物と草食動物はそれぞれ胆赤素と胆緑素が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「胆汁色素」の意味・わかりやすい解説

胆汁色素
たんじゅうしきそ

ビリルビン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の胆汁色素の言及

【黄疸】より

…胆汁色素(ビリルビン)が血液および組織中に増加した状態を意味し,臨床的には血清,皮膚,粘膜が黄色に染まる状態をいう。jaundice,icterus(ラテン語由来)はもともと黄色を意味する言葉であったが,現在は黄疸を指す言葉として用いられている。…

【胆汁】より


[成分]
 胆汁中には有機,無機の物質が含まれているが,肝胆汁の95%以上は水分である。有機物が多く,そのおもなものは胆汁酸,リン脂質(レシチンが大部分),コレステロール胆汁色素(大部分がビリルビン)などである。胆汁の褐色調は胆汁色素による。…

【ビリルビン】より

胆汁色素の主成分で,赤褐色を呈するので,胆赤素とも呼ばれ,生体中ではビリベルジンの還元によって生成される。血清の淡黄色は主としてこの物質の存在による。…

※「胆汁色素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android