股立(読み)ももだち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「股立」の意味・わかりやすい解説

股立
ももだち

の左右両脇の開きの縫止めの部分をいう。そこをつまんで腰紐や帯にはさみ,袴のをたくし上げることを「股立をとる」といい,機敏な活動仕度の一つとされた。武将外出のとき,供として走り使いをした走りの風俗。この装束は上下返し股立ともいい,烏帽子 (えぼし) ,素襖 (すおう) 姿で股立をとって脚絆をつけ,大小の刀を差した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典 「股立」の意味・読み・例文・類語

もも‐だち【股立】

〘名〙
① 袴(はかま)の左右のあいている所を縫止めた所。
※今昔(1120頃か)二四「女、袴の股立を引開て見すれば、股の、雪の様に白きに」
股立を取ること。股立を取った姿。
浄瑠璃・仮名手本忠臣蔵(1748)二「ももだちしゃんとりりしげに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「股立」の意味・読み・例文・類語

もも‐だち【股立】

はかま腰部の左右側面のあきを縫い止めた所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android