耆老(読み)きろう

精選版 日本国語大辞典「耆老」の解説

き‐ろう ‥ラウ【耆老】

〘名〙 (「耆」は六〇歳、「」は七〇歳) 六、七〇歳の老人。としより。
※正倉院文書‐養老五年(721)下総国葛飾郡大嶋郷戸籍「戸孔王部熊。年陸拾陸歳 耆老」
※俳諧・写経社集(1776)洛東芭蕉庵再興記「此ころまで世にありし耆老の、ふみのみちにも心かしこきがものがたりし侍りし」 〔礼記王制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「耆老」の解説

き‐ろう〔‐ラウ〕【×耆老】

《「耆」は60歳、「老」は70歳の》6、70歳の老人。年寄り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「耆老」の解説

【耆老】きろう(らう)

年老いての高い人。〔礼記、檀弓上〕孔丘に誄(るい)して曰く、天、耆老を(のこ)さず、が位を相(たす)くる(な)し。

字通「耆」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android