翠緑(読み)すいりょく

精選版 日本国語大辞典 「翠緑」の意味・読み・例文・類語

すい‐りょく【翠緑】

〘名〙 みどりいろ。
※旅行気分(1926)〈松崎天民〉北海道の夏に「内地では見られぬやうな樹々の翠緑(スヰリョク)が」 〔曹植‐七啓〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「翠緑」の意味・読み・例文・類語

すい‐りょく【×翠緑】

みどりいろ。樹木・石などの色にいう。
[類語]緑色りょくしょく深緑しんりょく草色くさいろ萌葱もえぎ柳色松葉色利休色オリーブ色グリーンエメラルドエメラルドグリーン黄緑深緑浅緑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「翠緑」の読み・字形・画数・意味

【翠緑】すいりよく

あお。

字通「翠」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android