習練(読み)シュウレン

デジタル大辞泉 「習練」の意味・読み・例文・類語

しゅう‐れん〔シフ‐〕【習練】

[名](スル)よく練習すること。「書写習練する」
[類語]勉強学習勉学研鑽けんさん勤学研修研学修学修業しゅぎょう・しゅうぎょう修練稽古けいこ学業復習学問学ぶ練習訓練特訓トレーニングリハーサルらし下稽古したげいこ温習おさらい演習エクササイズゼミナールフィールドワークレッスンゲネプロ寒稽古通し稽古舞台稽古立ち稽古稽古事鍛錬練磨練成修業教練試練

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android