群生(読み)ぐんじょう

精選版 日本国語大辞典「群生」の解説

ぐん‐じょう ‥ジャウ【群生】

〘名〙 仏語。すべての生きもの。多くの衆生(しゅじょう)。ぐんせい。
正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献物帳「遂使擾々生、入寂滅之域

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「群生」の解説

ぐん‐せい【群生】

[名](スル)
同一種類の植物が1か所に群がって生えること。「ススキ群生する高原」
ぐんじょう(群生)」に同じ。
[類語]密生叢生混生群落茂る生い茂るはびこる繁茂自生鬱然鬱蒼草深い木深いふさふさこんもり

ぐん‐じょう〔‐ジヤウ〕【群生】

仏語。すべての生き物。多くの衆生。ぐんせい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「群生」の解説

【群生】ぐんせい

生物。多くの人民。〔荘子、繕性の人混の中に在り。~の時に當りてや、陰陽和靜し、鬼擾(みだ)れず、四時を得、物傷(やぶ)れず、群生夭(えう)せず。

字通「群」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android