織田 万(読み)オダ ヨロズ

20世紀日本人名事典「織田 万」の解説

織田 万
オダ ヨロズ

明治〜昭和期の行政法学者 京都帝大名誉教授;立命館大学名誉総長。



生年
慶応4年7月4日(1868年)

没年
昭和20(1945)年5月25日

出生地
佐賀県

学歴〔年〕
帝大法科大学仏法科〔明治25年〕卒

学位〔年〕
法学博士〔昭和34年〕

経歴
明治28年フランス、ドイツに留学、32年帰国して京都帝大教授となり、行政法、フランス法を担当した。大正10〜昭和5年ハーグの常設国際司法裁判所判事、昭和5年京大退官、名誉教授。この間、台湾総督府の依頼で大著「清国行政法」を公刊。また明治33年京都法政学校(後の立命館大)創立に参画し、のちに立命館大学名誉総長となった。昭和6年勅選貴院議員、帝国学士院会員。著書に「行政法論綱」「日本行政法原理(仏文)」「法学通論」「行政法講義」「民族の弁」「法と人」などがある。西園寺公望と親しく、追悼文「鳴呼陶庵公」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和「織田 万」の解説

織田 万
オダ ヨロズ


肩書
貴院議員,京都帝大名誉教授,立命館大学名誉総長

生年月日
慶応4年7月4日(1868年)

出生地
佐賀県

学歴
帝大法科大学仏法科〔明治25年〕卒

学位
法学博士〔昭和34年〕

経歴
明治28年フランス、ドイツに留学、32年帰国して京都帝大教授となり、行政法、フランス法を担当した。大正10〜昭和5年ハーグの常設国際司法裁判所判事、昭和5年京大退官、名誉教授。この間、台湾総督府の依頼で大著「清国行政法」を公刊。また明治33年京都法政学校(後の立命館大)創立に参画し、のちに立命館大学名誉総長となった。昭和6年勅選貴院議員、帝国学士院会員。著書に「行政法論綱」「日本行政法原理(仏文)」「法学通論」「行政法講義」「民族の弁」「法と人」などがある。西園寺公望と親しく、追悼文「鳴呼陶庵公」がある。

没年月日
昭和20年5月25日

資格
?国学士院会員

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典「織田 万」の解説

織田 万 (おだ よろず)

生年月日:1868年7月4日
明治時代-昭和時代の行政法学者。法学博士;ハーグ国際司法裁判所判事
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android