繁栄(読み)はんえい

精選版 日本国語大辞典「繁栄」の解説

はん‐えい【繁栄】

〘名〙 (形動) さかえること。また、そのさま。繁昌
※高野本平家(13C前)三「願はくは子孫(ハンヱイ)たえずして」 〔潘岳‐閑居賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「繁栄」の解説

はん‐えい【繁栄】

[名](スル)豊かにさかえること。さかえて発展すること。「社会の繁栄」「子孫が繁栄する」
[類語]栄える繁盛にぎわうにぎわすにぎやか富むはやる盛る栄華全盛最盛興隆隆盛盛栄栄耀栄華共存共栄隆昌新興末広末広がり殷賑いんしん活況盛況盛会盛大繁華花が咲く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「繁栄」の解説

繁栄

三井生命保険株式会社(現・大樹生命保険株式会社)が1992年に創刊した企業広報誌。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通「繁栄」の解説

【繁栄】はんえい

さかえる。陶潜勧む 木(きぼく)榮し 和風穆(せいぼく)たり

字通「繁」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android