練る(読み)ネル

デジタル大辞泉「練る」の解説

ね・る【練る/×煉る】

[動ラ五(四)]
熱を加えて、むらのないようにこね固める。また、こねまぜて、粘りけが出るようにする。「あんを―・る」「のりを―・る」「粘土を―・る」
(練る)生絹きぎぬ灰汁あくなどで煮てしなやかにする。「―・った絹」
皮類をなめす。なめし革にする。「皮を―・る」
(「錬る」とも書く)金属に焼きを入れて硬質なものに鍛える。「鉄を―・る」「刀を―・る」
さらによいものにするために内容を検討したり、手を加えたりする。「計画を―・る」「文章を―・る」
学問や技芸などを鍛えみがく。修養・経験などを積む。練磨する。「技を―・る」「腕を―・る」
(「邌る」とも書く)
㋐そろそろと行く。また、行列を整えてゆっくり進む。「楽隊が町を―・っていく」
㋑行きつ戻りつしながら進む。「みこしが―・る」
木の枝などをたわめて作る。
「かの丘に刈るをのこ縄をなみ―・るやねりの砕けてぞ思ふ」〈拾遺・恋三〉
海水を煮て塩をつくる。精製する。
うしほ―・るかまど煙気をぬるみ雪もたまらぬ海人あまのあばら屋」〈夫木・三五〉
[可能]ねれる
[動ラ下二]ね(練)れる」の文語形
[類語](1ねるねくる捏ね回す捏ね返す捏ね上げる/(5練り上げるまとめる煮詰める詰める推敲すいこうする彫琢ちょうたくする/(6磨く磨き上げる鍛える練磨する洗練する切磋琢磨する・しご

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android