綾羅(読み)りょうら

精選版 日本国語大辞典「綾羅」の解説

りょう‐ら【綾羅】

〘名〙 あやぎぬとうすぎぬ。また、美しい衣服。羅綾
※将門記(940頃か)「世間のは、雲の如く下に施し、微妙の珍財は算の如く分散す」 〔張華‐軽薄篇〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「綾羅」の解説

りょう‐ら【×綾羅】

あやぎぬとうすぎぬ。また、美しい衣服。羅綾。
「―のたもと」〈樗牛滝口入道

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「綾羅」の解説

【綾羅】りようら

うすいあやぎぬ。・張華〔軽薄 、纖麗を極め 肴膳、盡(ことごと)く柔嘉 僕もを餘し 婢妾も綾羅を蹈(ふ)む

字通「綾」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android