綾織物(読み)あやおりもの

精選版 日本国語大辞典「綾織物」の解説

あや‐おりもの【綾織物】

〘名〙
模様を織り出した美しい絹織物朝廷では五位以上の者の朝服に限り許されたが、蔵人(くろうど)は六位でも着用を許された。あやおり。あや。
※竹取(9C末‐10C初)「内々のしつらひには、いふべくもあらぬ綾をり物に絵をかきて、誠はりたり」
② 斜文組織の織物。経(たていと)が斜め方向に(うね)をなし、綾線を表わす。糸密度は多く、地質はやや柔軟。片面綾と両面綾がある。綾綿布。葛城サージギャバジン

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「綾織物」の解説

あや‐おりもの【×綾織物】

いろいろな模様を浮き出すように織った織物。あやおり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android