綱(漢字)

普及版 字通 「綱(漢字)」の読み・字形・画数・意味


常用漢字 14画

[字音] コウ(カウ)
[字訓] つな

[説文解字]

[字形] 形声
声符は岡(こう)。岡は鋳造のときの鋳型。高熱によって堅強となるものであるから、その声義をとる。〔説文〕十三上に「网(あみ)の紘(おほづな)なり」(段注本)という。〔書、盤庚上〕に「の、綱に在りて、條りて紊(みだ)れざるが(ごと)し」、〔詩、大雅、巻阿〕「四方、綱と爲す」のように、秩序の基本の意に用いる。

[訓義]
1. つな、大づな、あみ、あみづな、もと。
2. すべる、つなぐ、まとめる。
3. 分類の綱目。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕綱 ツナ 〔字鏡集〕綱 オホツナ

[語系]
綱kang、經(経)kyeng、紀kiは声義近く、おそらく同系の語であろう。綱は(網)に対し、經は(緯)に対し、その基本の意味がある。紀は糸まき、小綱。また紀綱の意がある。

[熟語]
綱維綱貫綱紀・綱憲・綱佐綱条綱常・綱絶・綱柄・綱網・綱目・綱要・綱理綱領
[下接語]
握綱・維綱・王綱・紀綱・挙綱・元綱・厳綱・紘綱・国綱・三綱・条綱・人綱・政綱・摂綱・僧綱・総綱・操綱・大綱・地綱・朝綱・帝綱・提綱・天綱・道綱・民綱・要綱

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android